パラメディック119-すべては救命のために-

パラメディック119-すべては救命のために-
救急Q&A-救急隊の仕事とは?-

パラメディック119救急Q&A特定行為を家族が拒否DNRについて

特定行為を家族が拒否DNRについて

■--器具を使った気道の確保?止めてください!
++ パラ吉     (消防監)…116回 
器具を使った気道の確保?そんなこと止めてください!ってお話を現在作成中です。明日には更新できるんじゃないかと思います。

このお話は救命のために最善を尽くそうとしたところ、家族から待った!のかかった事案です。介護、倫理、救急隊の使命、いろいろなものが絡み合った難しい事案でした。

みなさんはどうお考えになるでしょうか?ってまだアップしていませんが、どうぞご感想をお寄せください。
.. 9/23(Sat) 23:15[1271]
++ A・T   (消防士長)…14回   
はじめまして。A・Tです。
僕には80歳にな祖母がいます。祖母は4年ほど前に脳梗塞で倒れてから、ずっと施設で寝たきりの生活をしていて、状態が悪くなると病院にいき、良くなると施設にもどってくるという生活を続けています。
良くなるといっても、話もできず、ただ息をしているという状態です。
4年前、祖母が倒れたとき祖父は、救急車を呼ばずに、まず僕の父を呼びました。それから父が救急車を呼び、さらに祖父の家は山の中にあるので、祖母が倒れてから救急車が到着するまでに30分はかかったと思います。
祖父も、父も、救急隊の方たちも、脳梗塞で30以上も放置されていたのだから、助かっても社会復帰は無理だということは分かっていたと思います。父は救急隊の方たちに「寝たきりになるくらいなら、もう楽にしてやって下さい」と言ったそうです。ですが、救急隊員の方たちは必死に処置をしてくれていたと、後で父から聞かされました。
やはり、祖母は寝たきりという状態になり、祖父も父も費用の問題や、毎日遠く離れた施設まで介護に行き、心身ともにとても参っています。
あの時祖母を搬送した救急隊の方たちは、なによりも、人名を第一に考え活動したんだと思います。
しかし、命を救うためにいる救急隊だからといって、絶対に、なにがあろうと命を救わなければいけないというのは、間違っていると思います。
僕の祖母のようにただ息をしているだけという状態にし、苦しむだけの生活を送らせるよりも、家族、さらには本人のことを考えて処置を行わないというのもまた、救急隊の仕事だと思います。救急隊の処置一つで、その人の人生、家族の人生は大きく左右されると思います。
だからこそ、家族や本人の意見を最大限尊重すべきだと思います。僕は、管理人さん達の判断は正しかったと思います。

高校生のくせに、偉そうなことばかり言ってすいませんでした。また、つらい現場、ため息の現場等あると思いますが頑張ってください!!!

.. 9/24(Sun) 23:12[1279]
++ へんも   (消防司令補)…30回   
今回の事案は家族の方からのDNRだったんですね。 学生身分で現場のげの字も知らない僕が偉そうなことは言えませんが、この場を借りて自分の意見や皆さんの意見を交えて考えたいと思います。

 DNRについては各々によって捉え方が全く違う物だと思います。僕は救命士として活動する上では例えDNRがあっても病院までは最善を尽くせと教わりました。 その時の講義を担当していたのは救命センターの医師だったのですが、救命士の業はあくまでも傷病者を迅速に病院に搬送し、消えかけた生命を繋ぎ止めること、と仰っていました。 僕はその時医師に責任を押し付けるような感じがして、なんとなく釈然としなかったのですが身内の方々に冷静になって頂いたり考える時間を増やしてあげられるのであれば救命士としては任務を全うするべきなのかなと思います。

 僕の言うことは机上論でしかありませんが、できれば意見交換をしていきたいです。

.. 9/25(Mon) 00:27[1280]
++ むら   (消防司令補)…24回   
私は救急隊員を10年近くやってます。DNR事案に出動したことはありませんが、A・Tさんのおばあさんのように、これは後遺症が残りそうだなと思う事案には何十回となく遭遇しています。
 しかし、そのことで救急活動が左右されることはありませんし、あってはいけないことだと思います。後遺症が少しでも軽減できるように救急隊は出来る限りのことをします。
 仮に救急隊の判断で「この人は命は助かっても、重い障害が残って、家族も大変だろうから・・」などと勝手に判断して処置を変えたとしたら・・。とんでもないことになるでしょう。どんなことになるかはA・Tさんにもわかるでしょう。それにそもそも救急隊は病名を診断することは出来ません。経験上重い障害が残るかもしれないと考えてるだけです。そんな判断で、人一人殺してしまうことなんて出来ません。もしかしたら社会復帰出来るかもしれません。それに障害が残るのと、死んでしまうのとどちらがいいのか誰にもわかりません。T.Aさんの御家族の苦労は大変なものなのでしょうが・・。
 救急隊としては処置を行う強制力はありませんから、ご家族や本人が断固として処置は拒否するが、病院には搬送してほしいといわれた場合、身を守るためにも署名などのはっきりした意思表示を証拠として残すことになるでしょう。
 乱文になりましたが、T.Aさん、救急隊は全力を尽くしますし、何が何でも救える命はたとえ障害が残ろうと救おうとします。

.. 9/25(Mon) 02:03[1281]
++ sora   (消防士長)…13回   
バラ吉さん、こんにちは!私もそんな事例に何回か遭遇しました。本当に数十分の救急活動で色々な事が過ぎりますよね。救急隊としての使命、そして家族の思い。私、個人的には救命士ですのでむらさんの考えに同調してしまいます!
 以前、CPAで「あなたたちは何もしなくていいから早く病院につれていってくれ」と言われたこともあります。「その時は、じゃ-なぜ私達を呼んだの??」と心の中で思いました。でも、家族の方に救急隊としてむらさんがいってるような事をお話ししてBVMによる換気と心マのみ実施して病院まで搬送しました。本当にこのような事例は難しいと痛感しました。A・Tさんの言ってることもよく分かります。私もそのような立場になったらそう思うかも知れません。
 でも、救急隊はかすかな望みでも、社会復帰できるのなら処置を行わざるを得ないのが使命です。しかし私の県MCでは、そんな救急隊の意見が取り入れられたのか分かりませんが、DNARと家族が言えば、掛かり付け病院医師とオンラインの上、確認が取れたなら救急搬送適応外ではありますが、家族の意を尊重し病院まで搬送することと数年前に取り入れてくれました。
 また、確認が取れない場合は家族に話をしCPRのみ実施とあります。どうしても聞き入れていただけないときはむらさんの言うように書面として残しています!バラ吉さんこれからもこのような救急事案は多くなると思います。家族の思い、救急隊として・・・大変だと思います。救急隊として法はもちろん遵守しなくてはなりません。自分の個人判断で行動すると、現社会ではとんでもない事になりますよね!文がまとまりがなくなりましたが、私はやっぱり救急救命士であり、公務員であるので法や地域MCプロトコ-ルからは外れることなく今後も活動していくでしょう。

.. 9/25(Mon) 13:33[1282]
++ 救急一筋定年まで   (消防司令)…57回   
読ませていただきました!

私が救急乗務を始めた頃、40歳代の男性のCPA事案に出場しました。

現場に到着すると家の玄関で患者の家族からいきなり一枚の書類を見せられました。

内容は「一切の蘇生、延命治療の拒否」でした。

患者本人の名前と家族の名前が記されています。

治療法の確立されていない病気、いつかこのような日が来ることを本人、家族が認めていたようでした。

現場で困惑しました。

本当にこの書類は患者本人の直筆なのか?

本当に家族全員がこのことを承知なのか?

この文面では、病院で行なう治療に関してしか記載されていないではないか!

本当に救急隊は、何の処置もしなくて良いのか?

そんなことを考えているだけでも時間は過ぎます。

救急隊が困惑していただけではありません、その日が来ることを知っているはずの家族も困惑していました。

「もしかしたら、救急隊が処置しながら病院搬送すれば、もう一度だけ意識を取り戻すのでは?」

「もう一度だけ、話をすることが出来るのでは?」

それでも、その後に必ず訪れるであろう「その時」

私たちも同じ気持ちでしたが、本人の生前の意思…

かかりつけの病院へ連絡し、担当医の指示を仰ぐ。

「そのまま連れてきてください…。」医師も当惑気味。

そしてすぐに救急医へ指示を仰ぐが、やはり同じでした。

私の経験したケースは、非常に稀な例でしょう。

しかし、今回パラ吉さんが経験されたような症例は、結構多いです。

本人の意思が確認できない!

家族は承知でも本人の意思は?

このことで以前、医師に質問したことがあります。

「必ず医師に連絡して指示を仰ぐこと。」

「確認が取れるまでは、蘇生を試みること。」

「その間、必ず家族に自分たちの立場を理解してもらうこと。」

「現場では、患者家族と救急隊の意思疎通が最も重要であること。」

このような事案で救急要請された場合、家族が最も当惑している事が多いので、救急隊はそれを受け止めて、冷静な対応をすることが必要だと思います。

患者の死が家族の納得いくもの……

今は、個々のケースに対応するしかないのか?

いずれにせよ、対応の難しい事案だと思います。

.. 9/25(Mon) 14:05[1283]
++ パラ吉   (消防監)…118回   
たくさんのご意見、ご感想ありがとうございました。とても参考になりました。でもこの手の話はいつも結論、ベストは見つかりませんね。いろんな方の意見、ケースを想定して普段からなんとなくイメージしていることがよりベターな活動に繋がる気がします。
.. 9/26(Tue) 22:57[1288]

この記事へのご意見・ご感想、追加、修正などなどをお寄せください。パラメディック119ブログ版・救急救命士の待機室にコメントを残すことができます。




New Entries



Category



Social Bookmark

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パラメディック119救急Q&A特定行為を家族が拒否DNRについて

This site is intended for the life